2005-10-28

コトバのイタコ

コウダエミさんに名刺を作っていただくことになり
お話をすることになりました。

軽い気持ちでお願いしたのですが・・・・

これはイイ!


コウダさんはもともとコーチの資格をもっていらして、
いわばコーチング名刺なのです。

つまり名刺を作ることで、考えている思いや目標を
現実化するという一歩進んだコーチセッションでした。


図にするとこんな感じ↓

 考え     コトバ
┌──┐  ┌──┐
│   │→ │   │
└──┘  └──┘
         ↓
       ┌──┐
       │   │ツール
       └──┘(名刺)

         ↓くばる
┌┐┌┐┌┐┌┐ ┌┐┌┐ ┌┐┌┐
└┘└┘└┘└┘ └┘└┘ └┘└┘
名刺を配ること(人に話すこと)でカタチになる


思っていることや、過去の経験や資質など、
カタチにしにくいことを、一枚の名刺に落とし込むことができ、
それを渡すことで、その目標や思いを分かち合い
自分でも名刺を渡しながら、それについての話をすることで、
カタチをさらに明確にしていくことができます。

コーチングセッションとしての活用として
例えば、それを三ヶ月ごとに作り直すことで、
目標を見直し、明確な道へと進んでいくことになります。

コーチは受けてみたけど物足りない、
目標を現実化するには自分では
力が足りないと感じている方などは、
コウダさんにお願いするのが良いです。

ちなみに3時間もお話させていただいたあげく
ワタシの頭に浮かんできたのは
ワタシのやっているコピーのお仕事は、
相手の気持ちや性格をもらって書く
「コトバのイタコ」
なのだということ。

・・・・かなりナットク。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005-10-18

シャンソン修行

めざせ!シャンソン歌手シナリオライター
と堂々宣言してから
早数ヶ月。

文字も楽しいけれど、歌も楽しいというわけで

なんだか、
どんどん広がるシャンソンワールド。

お世話になっているピアノの今井先生には
国立のレッスンと、越谷のステージ練習をご紹介いただいたり

シナリオ師匠・矢代先生には 
応援してもらったり

lastchance
青い部屋の戸川昌子先生にもお世話になったりと・・

なんだかありがたいことに
嬉しいくらいシャンソンを楽しんでおります

特に嬉しいのは
この声をシャンソン向きと言われること。

いままで悪声とかオバサン声とか
散々言われてきたのに
それを褒められるのlは意外でもあり
嬉しくもあり

歌って楽しいものは楽しいので
とことんまで行きましょう!やれるところまで!!


・・・ってやっぱりスポ根かよ?笑

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-10-04

販促会議10月号

今月の販促会議46p,47pに平野智朗さんの本
あなたの仕事が劇的に変わるメール術
電車広告のプロジェクトが新しい販促の方法として
大きく取り上げられています。

P251iS01291hr


実際に手書きで書かれたものとしては
大場さん、塩崎さん、臼井さん、そして私のもの
4名のものがそのまま掲載されています。

そのほか、渡瀬さん森本さん湯川さん横田さんなど
書いている風景も載っています。

思わず、本屋さんに立ち読みしにいってしまいました(笑)

もしよければ
立ち読みしてみてくださいね!
(立ち読みかよ!!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-09-24

花押を作る

続いて、花押を作る講座へ。
花押(かおう)とは、昔の武将たちが力を誇示するために
使った漢字のサイン。

自分の花押?とちょっとぴんとこない
感じだったのですが、
鶴川流宗主 望月 鶴川先生の指導のもと、
P251iS01289
作ってみたら
すばらしい花押が!!

戦国時代の武将は
えらくなるほどに、花押を変えていったそう。

花押にふさわしいように
品よく上っていきたいと思っております。

先生、ご丁寧な指導ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブランディングセミナー

本日は高畠真由美さんの
主催するブランディングセミナーへ。

ブランディングネームを探すのですが、
自分の原風景を探ってみることから開始。

自分の根本の一番強い欲求は
幼児期の体験にあるといったかんじでしょうか・・・。

いろんなことを思い出したのですが
とにかく物を作るのが好きだったのと
秘密がおおかったのが2大要素ですね。

いまでは考えられないでしょうが
うちはマンガが禁止の家庭だったので
かくして、かくれて、こっそり読んでました(笑)

あとなぜか、童話とか物語でなく
民話が大好きで、日本中の民話集を読みあさってました。
物語の根本は、むかしばなしにありってこと?


ビジネス系のセミナーと違って
自然に質問で必要なことを引き出していくのは
やっぱり、コーチならではの手腕ですね。

セミナーとてもよかったです!
高畠さん有難うございました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-08-26

窓上広告

メルマガコンサルタントの平野さんの
窓上広告プロジェクトに参加させていただく。

hiramno
地下鉄の広告を
心のこもった本当の手書きで!
しかも25人分!という企画。
いまや、本は出版社が売るのではなく
作者本人が売る時代らしい。

広告に本のコメントとコメント者名が書かれてます。
25人分全部読むのもよし。

平野さんの本「メール術」は、はっきりいってお買得です。
さすが誠実なお人柄が出ている気がしました。
最近多い買って損した気分になる、読み流し本とは違います。
超おすすめです!まじで。

その場で個性あふれる方たちとも
お話聞かせていただきました!

話は変わりますが
ちょっと前に、編集会議のようなところに参加したことがあるのですが
出版の意義というのが、ちょっとずれているような気がしました。

出版社の方は定期的に本を出すことに意義を感じていて
もちろん売れることには、こしたことがないのですが、
いわゆる近視眼的な視点にような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)