2010-07-30

なぜ龍馬伝とゲゲゲの女房がヒットしているのか。

知り合いのサラリーマン(35)さんの話。
東京に戻ってきて数ヶ月。この間、飲み会で会ったら
すっかり疲れきった顔になっていた。

大阪はのんきかもしれないが
東京のサラリーマンは、勉強会やビジネス書やらで
日々勉強をつんでいる人が多いからねぇ。

「オレが会社で生き残るためにどんな大変か
お前らにわかるのか?」などと言い出した。

あれ?そのセリフどっかで聞いたぞ・・・。

IT系に勤めているサラリーマン(36)さんは
月間残業は400時間!!
でも全部サービス残業という猛者

彼も 「会社にずっといるために今頑張らないといけない」
とかいって働いてます。

最近のサラリーマンはその場所に居続けるために
辛くても働くのか。昔みたいにした苦労が報われる時代ではないのに。

逃げ場ないし、動き取れないし、これで家に帰ってまでストレス溜まったらたまらんでしょう。


それで思ったのは
この激動の乱世で生き残るのにはどうしたら・・・とか
みんな考えているので
「龍馬伝」が大ヒットしているのではと。

不況ビンボーで奥さんは「げげげの女房」を見て
旦那は「龍馬伝」で維新志士にシンパシーを感じるという。

そんな時代なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-09-23

見た目と名前でこころが動く商品

これ・・・・すごすぎです!
http://www.sunward-kk.com/supporter/sea-shell/index.html

ボンレスベルトっていう名前と見た目で
すでにがっちりつかまれてますがwww。

1285850073_40


| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009-08-29

14年で現実は妄想を超えた。

いつも言っているように
失ったものは幸いである。

この間、エヴァ論というのをたまたま見に行った。
まったくエヴァ嫌いなので(というかエヴァファンが嫌い)
統括としての話を聞きたかったというか。

批評家曰く、神戸シュキバラ事件、オウム事件を
象徴するようないわばバブル崩壊後の喪失感みたいなのを
あらわしていたから現実との関係性をみんな深読みできたので
あって、新しいエヴァにはそれがない。だから興味がない,と。
(以下は私見)

所詮、この14年で現実は妄想を超えた。
作られた世界よりも現実のほうがずっと物語的だ。
妄想は現実に追いつかなくなった。
それが失望に通じる。かつて妄想は逃げ道だった。
現実にはないことを妄想することで生きるすべを探した。
けれど現実は妄想を超えてしまった今
文字や物語に生き残る理由がなくなったのだ。

失ったものは幸いである。
失ったものを手に入れたときこそ
失っているものは喜びを見出す。

かつてエヴァが失っているものに光を与えたように
失っているものたちを形作れば
それは間違いなく彼らのこころをつかむのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009-08-21

すべてが無料・おかきカフェ新店舗銀座にオープン!

週刊カシハラ169号でお知らせした
おかきカフェ銀座にも出店するそう。

↓この記事です。
───────────────────────
今週気になったカフェ★★★
───────────────────────
すべてが無料・自由な世界初の本格的カフェチェーンオープン!

虎ノ門の一等地に5月にオープンしたカフェは
「ドリンク各種¥0 おかき・せんべい¥0」。

「播磨屋ステーション」は、兵庫県の米菓製造「播磨屋本店」の
アンテナショップ。自家焙煎豆をその場でひいた本格的なコーヒーの
オレンジジュースやほうじ茶などの飲み物とともに、
8種のおかき・せんべいが並ぶ。

「おかき・せんべいは1人1皿」規定がありますが
このご時世。守らない人も多いとか・・・。

平日平均1000人強がカフェを利用。
購入客は500~600人で、以前より売り上げが2~3割増えたそう。

「播磨屋ステーション」
http://www.harimayahonten.co.jp/tenpo/tenpo.html

------------------------
☆☆ヒットの要因を勝手に分析してみると・・・☆☆

無料より強いものはない。
まずいものが無料でも人はよろこばないが、
老舗の味が無料で試せるのは
やはり最強でしょう。

お金があっても給食費を払わない親がいるように
お金があっても無料が好きな人が多いのです。

だから無料で提供するとお金のある人が
ちゃんと買う場合が多々ある・・・と思われます。


------------------------
週刊カシハラはカシハラが目をつけた気に入ったもの&流行しそうなものを
誰よりも早くお知らせしたいがために発行しているわがままメルマガです。
メルマガ購読(無料)ご登録はこちら<週刊カシハラ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-08-19

この商品はなせ売れるのか?

メルマガ解説として、メルマガでピックアップしている商品が
どうして話題になっているのか?これからなぜ売れるのか?
ヒット要因を解説してみたいと思います。

詳細は明日から。(ダイエットは明日から・・・?)

カテゴリーに「この商品はなせ売れるのか?」を作ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)