« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011-09-30

ローカルルール

昨日、門前仲町のモツ煮混み屋「大坂屋」にいった。
大鍋に煮込まれたモツは濃厚な味。
どちらかというとドテ煮に近い印象。

10人座れば満員の店。
座ってすぐ、おかみがモツを出してくれる。
串に刺したモツは軟骨とシロとフワの3種類。
軟骨は噛むのに苦労するような本気の軟骨だ。

さけはコップに梅エキスを注いだ焼酎をオーダー。
隣と同じように「たまご」を頼んだら
おかみに睨まれた。

鍋の中のたまごは、てっきりアテだと思っていたのだが
どうやら違ったらしい。

次いで、ぬか漬けが出てくる。
これでアテはおしまい。
品書きも、残っているのは「オニオンスライス」だけ。
つまり品書きは酒とモツとたまごスープとオニオンしかないのだ。

シメに「たまご」を頼むと、冷蔵庫からたまごをそのまま鍋へ。
しばし時間をおいて救い上げ、半熟たまごに鍋の煮汁をかけてくれる。どうやらこれが品書きにある「たまごスープ」らしい。
「たまごスープ」はシメに頼まないと出してもらえない。

この店にしかわからないローカルルールに従わないと、おかみに睨まれる。
常連の多い店はこれがあるから、やっかいだ。

それでももう一度行きたくなる味なのだから仕方がない。
Img_3961_2


Img_5016


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-27

311を思い出す。

きのう今年の領収書を科目別に分けた。
3月に北海道にいったチケット代とか
ホテル代とか出てきて、あの頃のことを思い出した。
ひとりで特急電車に乗って雪景色を見たこととか。
わざと単線電車に乗って二度と降りることのない街を歩いたりした。

水を送ってもらったり
助けてもらったりもした。
毎日不安でメールしたり電話したりしてた。

半年前に変わったはずなのに
放射能との共存生活に慣れきって
もう普通のような気になっている。

あのとき全てが変わって
あのとき全部捨てて
あのとき本当のことがわかった気がしていたのに
あれはいったいなんだったんだろう?

何もなかったフリをして平和なフリをしちゃいけない。
傷ついてないフリをするのは日本人の悪い癖だ。
大丈夫なんかじゃない。十分、傷ついているんだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-12

思想地図がなぜ面白いのか

いろいろ書きたいことはあるのですが、そのまま出張ってしまったので脳が動いてません。山を見ると自動的に心は休日モードになるようで。しかし、富士吉田は本当にいいですね。住みたいくらい。新宿までバスで2時間という近さだし、意外に便利です。今日の東京は32℃、富士吉田は28℃とそんなに差がないですが、さすがに夜は涼しいです。

さておき、旬を過ぎてしまうので思想地図βval.2の話題など。

思想地図がなぜ面白いのか、について。
思想地図は、本ではなくて雑誌だ。
かつては、もっと大人の雑誌があった。昔はおっと週刊文春はジャーナリズム魂にあふれていたし、もっと大人の雑誌がたくさんあったような気がする。

今の雑誌は、どれを見てもただの批判媒体でしかない。
この間、週刊文春の中吊りを見たら、野田首相の批判と伸介の批判がほとんどだった。もちろんジャーナリストが生きていけない現代にとって、ジャーナリストが記事を書く雑誌の質を保つのは難しいだろう。

しかし、体制を批判するのだったら根本的な核となる思想を持っていなければ批判すべきでない。
やみくもに政権が変わるたびに揚げ足を取り騒ぎ立てる。これはジャーナリズムではない。思想もない。

ただ金もらってずるい。いい暮らしをしてるなんてずるい。
高い店に行ってズルイ。うまいもの食ってズルイという僻みだけだ。

つまり俺たちは庶民だ!金持ちは悪だ!という多数派正義論でしかない。
今回、ドジョウさんが牛丼を食べているから庶民的だといってみたりするのもそう。

あなたたちが考える庶民感覚を求めるから、日本の政治は俯瞰から見た大きな政治にならないのだ。
庶民のご機嫌をとっていたら、政治なんかできない。

同じように少ない小遣いに悩み、倹約し、節約すればいいのか?
もちろんお金の使い方を考えろというのは言うまでもない。
安部も福田も麻生もこの馬鹿な僻みに負けたのだ。

僻みこそが日本を滅ぼす原因。だが震災後も同じような風潮に流されている人は少ないはずだ。
何も考えず叩くことを基本として作られた雑誌には読むところは全くない。垂れ流しワイドショーと同じ。
叩くだけで書き手の自分の意見がどこにも書かれていない文章は面白くないのだ。
これが思想地図が雑誌として面白い理由にほかならない。特に今回は、文章が平易でテーマが震災であって一般の人に読みやすく雑誌として秀逸だ。

自費出版にもかかわらずアマゾンで8位にランクインしたのも、今後の出版業界には大きな影響を与えるに違いない。ちなみに私はvol.1からコンテク会員です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-09-09

袖振り合うも多少の縁。

来週、関西出張経由で山梨に行ってきます。
山梨といっても富士吉田ですが・・・。

4月にふらりと立ち寄ったゲストハウスにお邪魔する予定です。
そのゲストハウスは、奥様が仕切っていて、旦那様がアメリカ人。非常にきれいで雰囲気のいい宿です。下のバーは旦那様の経営で、片田舎とは思えない本格的スポーツバー。
http://www.mfi.or.jp/mtfujihostel/index-hostel-j.html

前回、たまたま臨時でゲストハウスの受付をしていたK嬢といろいろ話したあげく、その勢いで下のアメリカンスポーツバーで飲んだり、市街を車で案内してもらいました。こういうのが、ふらり一人旅の面白いところ。たまたま静岡から山越えして山梨に向かい、ネットで見つけたのも縁。

今回は、車がないと周れないところにK嬢が案内してくれるそうなのでいそいそと山梨へ伺います。

受付のK嬢の運転で、宿の奥様とカシハラで、周る予定。
来週は晴れそうだし楽しみだな~。

20110628113931


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »