« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010-08-31

世界的に見て危機?

社会学的・文化人類学的に見ると
目の周りを黒く縁取るのは
魔よけの要素があるとか。

それに加えて鉢巻のように
頭に布を巻くのも忍術的な意味があるとか。

都内でたまに見かけるこのファッション。
何かを祈る前なのか?儀式のよう。

スピブームと裏表に関係性があるんでは・・・・と
大きな俯瞰的な意味で見れば深読みできる現象なのかも。。。(笑)

Gisiki


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-30

ビジネスメール変化の傾向

最近思うのだが啓蒙が進んだのか
ビジネスメールの件名が変わってきた。

以前は出版関係など多量のメールを扱う人だけが
件名で内容がわかるように書いてくる
もしくは【2月号】などと書いてわかりやすく区分けしてくる傾向にあった。

最近は、どの人もタイトルに内容を書いてくるようになった。

返信の場合だと。
20日お誘いの件<カシハラ

ありがとうございます!20日okです<山下

と返って来る。
メールはあけなくてもokってことです。

さらに私はあまり好きでないので
そのまま
RE:ありがとうございます!20日okです<山下
単純返信で返すのだが

むこうからは
RE:20日待ち合わせ場所了解です!<山下

あげくに件名に内容が書いていないと
ビジネススキルが低いとかいう記事を見た。
えーっと
そのままタイトルを変えないのが良いと
社内では言われたんですけどねぇ。。。社外は別ってことか。

それとも
変更するのが『主流』になったのか。

わかりやすいのはいいけれど
メールは手紙ではない。むしろ電話扱いという認識になったってことだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-29

マクドナルドのマーケティングをモデルケースにする。

マックのマーケティングをモデルケースにしよう。
弱者の戦略とはよく言われることですが
いまの大不況の中、弱者の戦略はパイが小さすぎます。

強者でなくては生き残れない時代になったのです。嗚呼。

マックが上昇してきたのは
価格下落競走に牛丼が入った頃。

いくら規模の経済が効くとは言っても
さゲ過ぎて行けば、みを削るのはみえてます。
自分を安売りしても。値段がドンドン安くなるだけで底が見えません。

そこであえて逆戦略を打ったマック。
まずは同じものなのに大きい。珍しい。
というメガマックを打ち出しました。
時代はメガ盛りという大盛りブームでもありましたが
100円マックというイメージが強かった安くてまずい
マックというイメージは払拭されました。
でもまだまだマックはまずい。子供の行く店というイメージは拭えませんでした。

そこでその後、まずい!というイメージをなくすため
あたらしくおいしくなったコーヒーを朝無料で配るキャンペーンをはじめました。
このおかげで、いまやマックはコーヒーのあじでは一番人気です。
最近の消費者の傾向は、思ったよりお得だった!という意外感。

意外なイメージを打ち出さないと相手は喜んでもらえないのです。
牛丼のようにまずい。安いイメージだけでは落ちるばかりです。
いままでに培っていたブランドイメージが
どんなに強かったとしても、時代が変わってしまったのです。
ブランドには揺らがない信頼などみんなもたなくなりました。
つまりイメージはころころ変えられるのです。

付いたーやブログでいろんな意見が目にできる
いまでは、態度が悪い!まずい!思ったよりおいしい!と
いった評判があっという間に広がります。
イメージも評判もあっというまに変わります。
消費者は移り気というよりも、情報が多量に流れているからです。
それに押し流されてしまうのです。

かいせつはさておき
次にマックではアメリカンバーガーキャンペーンを行いました。
思ったより美味しい
という評判がネットをかけめぐりました。

ここでマックはかつてない収益をあげ、ハンバーガー業界を席巻!
反対に吉野家はかつてない減益を見せていました。

ブランドにすがった吉野家と
時流を見て戦略を練り直すマック。
どちらが強いかはいうまでもありませんね。

続きはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-28

吉野家のうなぎ

去年食べて最悪・・・と思っていた
吉野家のうなぎ。今年はかなりマシになっている。
思ったより良かったけど。これで吉野家の業績が良くなるとは思えないね。
Yosinotyaunagi


あ。マックの戦略について書きそこなってるなー。やっぱマックは目が離せないですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-25

こき使われる海老蔵

この間、2日連続歌舞伎を見にいった。

昔、海老蔵を襲名する前は海老蔵ファンだったんだけど
海老蔵になってからはオンナの噂ばかりだし、練習してないしで
あんまり興味なかったんですけど・・・。

海老蔵が見たい!と盛んに言っていたのと母が覚えていてくれて
貰ったチケットを回してくれたのでした。

初日は夜の部。
東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)
序幕 浅草観世音額堂の場より
大詰 仇討の場まで

お岩は勘太郎
直助権兵衛  獅 童
お袖  七之助
伊右衛門  海老蔵


というふつうにワタシが知っているくらいの
有名メンバー。さすが夏!夏の講演はいつも
お祭り的な催しが多いのです。つまり華やかで一般受けしやすいもの。

それにしても若手ばかりなのはいいとして
変わったな・・と思ったのは台本のほう。

夏でも秋でも正月でも。いつでも歌舞伎は正統派であることのほうが多く蜷川歌舞伎、勘三郎歌舞伎は別ものだと思っていたんだけど。

今回、一年以上ぶりに出かけてみたら
シリアスな話でも、一幕目は笑いが多い。
やはり勘三郎歌舞伎の人気の影響なのだろうと思う。台本を書く側にもウケを狙うように指定があるのでは。
大体まじめな芝居で4時間はかなりきつい。笑いがあると2幕目もすんなり見れる。


Eb
Ebi

海老蔵は、前見たよりもあれ?四角いな・・・という印象。どの部でもほぼでずっぱり。
昼の部でわかったんだけど、狐の役なので、出たり飛び出したり、飛んだり跳ねたり、あげくに空を飛んだり。アレだけ動くにはかなり鍛えないと難しい。どうやら四角い体型は筋肉だと判明。。。


NHKプロフェッショナル仕事の流儀でも
海老蔵を取り上げている。これはマスコミ上げての海老蔵キャンペーンだろう。
いままでロクデナシとして報道されてきた海老蔵をクリーンにする一環かな。

猿之助入院の影響もあるかもしれないが
なるべくしてなったスターとして位置に収められた感じ。

客の入るスターとして、松竹のビルの建設費を稼いでもらわねばならないのだから
あの結婚も納得した上での選択だったんだと理解できる。もういろいろ遊べないということか。

どの部もスター扱い。どれも海老蔵のための舞台であることは間違いなかった。
まだ海老蔵スター計画は始まったばかりだけど。これからはずっとこき使われるに違いない。

まぁでも、夜の部はロクデナシの役で、まんまはまり過ぎてましたが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-20

灼熱地獄(蝉偏)

4時半を過ぎるとセミが鳴きだす。

夏になると思うことがある。
セミは地底に10年もいて地上には7日間しかいられない。
はかない命。短命の象徴のように言われる。
でもそれはこちら側の思い込みかもしれない。

ここは三途の川の先かもしれないのだ。
つまり地獄の一丁目。
セミにとっては、今まで暮らしていた居心地のいい場所から
灼熱地獄の上、空気も悪く、しかも人間のようなやつらがうろうろ
している危険地帯に放り込まれてしまうのだ。

彼らは何でこんなところに来てしまったのだろう
ここがウワサに聞く地獄なのか?と思っているかもしれない。

この地獄を抜け出してカルマを消滅させて
命の保管庫に行きたいと思っているかもしれない。
苦しんで叫んでいるのかもしれないのだ。

地獄に住んでいる物にはそこ以外がどんなところかなのかも
知らないしわからない。そしてここがどんなに酷い場所なのかも。

一説には地球は宇宙人の流刑地であるという話もあるそうだ。

そんなわけで、セミ様のことを考えるたびに
暮らしづらさは当然なのかもと思うのだったよ。おしまい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-18

永遠の夏休み。

夏休みが終わらなければいいのに。
永遠に夏休みだったらいいのに。
子供の頃そう思ったことは誰にでもあるはずだ。

でも、それは人に養ってもらう子供だから言えるのであって
大人では言えない。

永遠に夏休みだったら、いつ宿題が出るのか。
いつやったらいいのか計画できない。

昔、キムタクが出ていたロングバケーションというドラマがあった。

その中でこのタイトルは、
ちょっと人生をお休みする=ロングバケーション
みたいな意味で使われていたと思う。
その頃たしか、失業中だったワタシにしっくりと来ていた。

それから、何かあって休みをとると
自分の中でロングバケーション。と言い訳をつけるようになった。

そう言っている間に、相手役の山口智子はテレビに出なくなった。
ロングバケーションというドラマのヒットから
もう14年も経っているらしい。時間の経過が恐ろしすぎる。
いまどきロンバケなんていっても誰もわかってはくれまい。

ビアガーデン祭りがあって、収まったあと
ちょっと暇になったので、やった夏休みだ!!と思っていたが
そろそろもう一ヶ月も夏休みなのだ。

年間に労働日数が少ないとはいえ、ちょっと秋風がしみて来た。

現在、絶賛夏休み中。っていうか酒抜き中!明日も暑いんだろうか。
この暑さでは、ナツバテしたらまずいと食べこんでいたが
虫の音も聞こえるようになったのだからもういいはず。

会社員時代のワンピースが秋色で非常に着たいキモチでいっぱいなのだが。

(去年書いたメモが出てきたのでアップしました)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-15

地焼きうなぎ

年を重ねていくと
親と味の嗜好が似てきていることに気づく。
恐ろしや血縁!

というか子供の頃に食べていたものが
大人になると食べたくなる因子を埋め込まれているのかも。

子供の頃にあんなに嫌いだった親の好物
たとえば、すき焼きとかおでんとか
あとは、鰻とか酢味噌とか、
がだんだん好きになっていくという謎。

この間、地焼きうなぎを食べに行ったのですが
食べた日は体調が悪かったせいもあって
ちょっとこってりすぎた気がしました。
ワタシはふわふわあっさりの関東風のほうが好みかも。
01


02


地焼きうなぎとは↓
関西風(名古屋地方も)は、地焼きといって、蒸しの工程が省かれ、白焼からすぐにタレつけになります。つまり、蒸して脂肪を抜くことがないため、蒲焼には鰻の精分が満ちあふれている。そこで、生粋の浪花っ子は東京の蒲焼を気の抜けたような味だという。皮に少し歯ごたえがあり、少々焦げ目もある大阪の蒲焼は濃厚である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-11

海老5本丼

海老が五本のって414円(割引券あり)定価は514円。
かつ屋でも限定店しか出してないそうですが
5本はかなりおなかにきます。
しかし、渋谷のかつ屋の男性率は95%ですね・・・・。

Katuyaebi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-10

ブックフェア振り返り

だいぶ前の話題で申し訳ないっすが。落ち着いたので諸々。

ブックフェアで聞いた話で一番面白かったこと。
それは出版崩壊というけれど
それは出版崩壊ではなく知的体系の崩壊なのだと。
本を読むことで人間が出来ていく、
本を読めば賢くなるというのは、戦前の旧制高校主義の
現れでしかない。本を読むことで知的な人間ができるというのは
古い価値観。これからは本を必要としない新しい
知的体系の作り方ができるはずであるという話。

なんか昨今の出版崩壊騒ぎを見ていて
物凄く納得した感じがした。

インターネットを眺めていても知的体系はできない
やっぱり本を読まなくてはいけない
というのが出版文化人の主張。でも
文学に関して言えば、よしもとばななが出てきた時点で
本を読まないマンガ主体の世代が小説を書く
という新しい層が出来上がってしまったわけで。

本を読むことが知的な遊びの一部である価値観自体が
なくなったら誰かが本を読むのだろうか?というやつ。

たとえばテレビを見ることが思想体系の構築には必要なことだ
と刷り込まれたら、テレビはそう育っていくし
見る人も好んでテレビを見るようになったはずだ。

つまり電子書籍なんてものは普及する前に
本でないもので知的体系が完成する層が先に生まれるはず。

つまり組み立てを読むことができるものがこの先の
新しい思想を作るわけだ。

あ、ちなみにそれはインターネットではなく
プログラミングの基礎のようなものなのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-09

電子書籍

あちこちで電子書籍論を見るけれど
東京国際ブックフェア振り返り。
Img_0548s


Img_0550s


最終的にはコンテンツ提供者は
もっと面白いものを作れってことなんだろうけどね。
ゲームの世界でも、その基準が世界標準になるほど
人気が出るコンテンツが出れば世界は変わる。

もしハリーポッターシリーズが電子書籍でしか
売られていなかったとしたら、
電子書籍は爆発的に世界に普及しただろう。

コピーする機能が問題になっているけれど
それならば既にメルマガとして公開されていた
鏡の法則はなぜ100万部を超えるヒットになったのか?
ネット上ではコピーできるのに。携帯小説もしかり。
一部コピーはあるかもしれないけれど
全文を印刷して読むことはありえないからだよね。

デジカメが普及したとしても、プリントする人は
プリントするわけで。まぁもちろんプリント率は大きく下がっているけれども。

変革期にはヒーローが生まれやすい。
坂本龍馬は黒船がやってこなければ
土佐の剣術道場で一生を過ごしたのだろうかと考える。

そんなことはないはず。
適材適所というかそうなるように運命は運ばれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-07

スライムを見るとわくわくするのはワタシだけ?

スライムを見るとわくわくするのは世代間格差なような。
Suraimu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-06

そりゃ悪がはびこるわけだ

今日見かけたブログから転載。

正義の味方の特徴

1 自分自身の具体的な目標をもたない
2 相手の夢を阻止するのが生きがい
3 単独~小人数で行動
4 常になにかが起こってから行動
5 受け身の姿勢
6 いつも怒っている

悪玉の特徴

1 大きな夢、野望を抱いている
2 目標達成のため、研究開発を怠らない
3 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽している
4 失敗してもへこたれない
5 組織で行動する
6 よく笑う

・・・・・・・・・そりゃ悪がはびこるわけだ(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-04

夏に追い越されていく。

まったくもってはかどらない。
集中力がゼロだ。
散歩に行こうにも暑すぎて出れない。
かといって夜は出歩く気もない。

とりあえず取り寄せていた本が届いたので
図書館まで歩いた。しかも五反田まで。
生活の便利さだけを考えれば五反田のほうが
やはり便利すぎる。
五反田までといっても意外に近いので駅までだと15分ほど。
目黒の図書館まで行っても同じくらい。
しかし目黒図書館は取り寄せが
非常に遅いのだ。品川区は迅速。それは区民性にも
共通しているのかもしれないが。品川は下町で気が短いが
目黒は余裕のある人が住んでいるので細かいことでは怒りそうもない。

散歩をしたら少し脳が働く。
少しはやる気になったらしい。

いつまでも変わらないということが
いつまでも続くわけではないわけで
事態が変わらなくても時代は変わるし
本人が変わらなくても年は取っていく。

変化に追い立てられるようにして
夏に追い越されていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-08-01

本日バンキシャに出ます!

ビアガーデン制覇クラブの活動を
先日撮影にいらしゃいました。
強風の上、酔っ払いに絡まれているビミョーな映像が流れると思います。

ご笑覧くださいませcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »