« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009-08-29

14年で現実は妄想を超えた。

いつも言っているように
失ったものは幸いである。

この間、エヴァ論というのをたまたま見に行った。
まったくエヴァ嫌いなので(というかエヴァファンが嫌い)
統括としての話を聞きたかったというか。

批評家曰く、神戸シュキバラ事件、オウム事件を
象徴するようないわばバブル崩壊後の喪失感みたいなのを
あらわしていたから現実との関係性をみんな深読みできたので
あって、新しいエヴァにはそれがない。だから興味がない,と。
(以下は私見)

所詮、この14年で現実は妄想を超えた。
作られた世界よりも現実のほうがずっと物語的だ。
妄想は現実に追いつかなくなった。
それが失望に通じる。かつて妄想は逃げ道だった。
現実にはないことを妄想することで生きるすべを探した。
けれど現実は妄想を超えてしまった今
文字や物語に生き残る理由がなくなったのだ。

失ったものは幸いである。
失ったものを手に入れたときこそ
失っているものは喜びを見出す。

かつてエヴァが失っているものに光を与えたように
失っているものたちを形作れば
それは間違いなく彼らのこころをつかむのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009-08-21

すべてが無料・おかきカフェ新店舗銀座にオープン!

週刊カシハラ169号でお知らせした
おかきカフェ銀座にも出店するそう。

↓この記事です。
───────────────────────
今週気になったカフェ★★★
───────────────────────
すべてが無料・自由な世界初の本格的カフェチェーンオープン!

虎ノ門の一等地に5月にオープンしたカフェは
「ドリンク各種¥0 おかき・せんべい¥0」。

「播磨屋ステーション」は、兵庫県の米菓製造「播磨屋本店」の
アンテナショップ。自家焙煎豆をその場でひいた本格的なコーヒーの
オレンジジュースやほうじ茶などの飲み物とともに、
8種のおかき・せんべいが並ぶ。

「おかき・せんべいは1人1皿」規定がありますが
このご時世。守らない人も多いとか・・・。

平日平均1000人強がカフェを利用。
購入客は500~600人で、以前より売り上げが2~3割増えたそう。

「播磨屋ステーション」
http://www.harimayahonten.co.jp/tenpo/tenpo.html

------------------------
☆☆ヒットの要因を勝手に分析してみると・・・☆☆

無料より強いものはない。
まずいものが無料でも人はよろこばないが、
老舗の味が無料で試せるのは
やはり最強でしょう。

お金があっても給食費を払わない親がいるように
お金があっても無料が好きな人が多いのです。

だから無料で提供するとお金のある人が
ちゃんと買う場合が多々ある・・・と思われます。


------------------------
週刊カシハラはカシハラが目をつけた気に入ったもの&流行しそうなものを
誰よりも早くお知らせしたいがために発行しているわがままメルマガです。
メルマガ購読(無料)ご登録はこちら<週刊カシハラ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-08-19

この商品はなせ売れるのか?

メルマガ解説として、メルマガでピックアップしている商品が
どうして話題になっているのか?これからなぜ売れるのか?
ヒット要因を解説してみたいと思います。

詳細は明日から。(ダイエットは明日から・・・?)

カテゴリーに「この商品はなせ売れるのか?」を作ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009-08-15

仕組みは世界を救う!

 中山マコトさんの新刊:
『うまくいく人が、必ずもっている「黄金の仕組み」』
  
 いつもお世話になります中山さんの新刊です!!

 中山さん曰く、
 『 これまでの僕の著書の中で一番、「色んな人に読んでもらえる内容」
 であり、「色んな人に読んでもらいたい作品」に仕上がりました。この本
 は、僕、中山マコトのような「独立起業」をした人や、フリーランスで
 戦っている人向けのような印象を持たれるかも知れませんが、それは違い
 ます。実は普通のお勤めの人にこそ読んでいただきたい本です 』

 わたしも仕組みをつくって
 ばりばり行きたいです!!


 この本の出版を記念して講演会を実施いたします。
 タイトルはずばり【 あなたを動かす「仕組み」のすべて! 】

 本に掲載できなかった内容もあり!
 臼井由妃さんのセッションも!!

残席あとわずか。急いで!!

 ▼詳細およびお申し込みは
 http://www.enfan.jp/~nakayama/shikumi2/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »