« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009-06-30

100円ビール再来

2528_1
「第3のビール」100円の時代へ
 イオンは29日、サントリーが製造した「第3のビール」を低価格の自主企画商品(プライベートブランド=PB)として7月末から発売すると発表した。価格は350ミリ・リットル缶が100円。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090629-OYT1T00989.htm

100円ビールといえば、バブル崩壊時代に発売された輸入ビール。
いまいちまずくてすぐに駆逐された気がする。
あのときと同じくらいデフレっていうことだ。

あのころは価格崩壊で
ドンキなどのディスカウントショップや100円ショップが一気にひろがった。

気分的にはあのときより物が安くなっている気がする。

洋服だけで言えば、繊維メーカーがあまりものの染料を使って同じ色の生地しか
出していないせいで、なんだかドブ色のピンクやドブ色の茶色とかの服ばかりが目に付く。

こんな服ふつう買わないだろう。


つーかいらない。

だから独自生産のユニクロとかにみんな目を奪われる。

結局はギョーカイの常識を打破しない会社が悪化して行く。
出版ギョーカイしかり、
銀行ギョーカイしかり。


一時的で良ければギョーカイの常識を打破する
(いままでになかったものを生み出す)
だけでもどこかに突破口があると思うのだが、

とは考えないのが、飼いならされた人なんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009-06-23

CIAに転職したい。

就職難のこの折、
素晴らしい転職先を発見!

それはCIA!!

CIAはラジオでの求人広告で
「経済や経営、金融関係のプロのみなさん。利益を追い求めることだけでは満足していないの なら、CIAにはほかにはない仕事があります」と呼びかけた。

当初の給与は、新卒者の場合は6万ドル(約580万円)で、経歴により最高で
16万ドル(約1550万円)。手厚い福利厚生もある。

パトリック氏は「CIAの職員は国のために働いており、収益を目指す企業とは考え方が 異なる。これまでの姿勢を変えることができれば、(金融関係者も)CIAでうまくやって いけると思う」と述べた。


http://www.excite.co.jp/News/odd/E1245388854848.html

Welcome to the CIA Web Site ? Central Intelligence Agency
https://www.cia.gov/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009-06-22

「この世で一番大事なお金の話」

サイバラリエコ。改めて偉大だと思います。
「この世で一番大事なお金の話」読了。

いや~。どこもかしかも、まったく天才サイバラすげー。

たまに知り合いの話に出てくるけど、やっぱり売れているには理由がある。
売れるからには方法がある。

これで小心でおどおどしているとかいうんだけど・・??

たいてい漫画家とか物書きとかは
内向的な人がなる職業なんだからそれはそうかもしれないけどね。

軽くかかれているから、サイバラのいつもの話じゃん!と
思いがちなんだけど。前半本気で役立ちますよ。


61uuumjjprl
以下、効いたとこ抜粋。

・他人に比べて、自分の何が違っていて、どこかどう足りていないのか。
それが自分でもわかっていないと。その先の展開もあいまいで
成り行きまかせのものになってしまう。

・どうしたら夢が叶うのか?って諦めてしまいそうになるけど
そうじゃなくって「どうしたらそれで稼げるか?」って考えてみる
そうすると必ず次の一手が見えてくるもんなんだよ。

・いいじゃないお金にならなくてもってやってるいるうちは
現実的にうまく着地させられない。
それこそふわふわした夢ものがたりで終わっちゃう

そうじゃなくて自分はこの道でどうやって稼ぐのか?を本気で考えだしたら
やりたいことがどんどん現実に近づいてきた

・ようはもっと稼ぎたいなら、人と違うことをやらないきゃお金にならない
言われた仕事を言われたとおりにやるだけじゃなくて
自分なりの工夫をするようにした。

サービス精神を発揮することで「ほかの人とは一味違うんですよ」
ってところを見せて、個性をアピールしてみたわけ

・自分でこうだ!と思っていることって意外と的外れだったりする。

人が見つけてくれた自分のよさを信じて、その波にのってみたらいい。
これ面白かったよ、よかったよ、と言われているうちに食べていけるほうに仕事がよっていった。
そうなると仕事が次の仕事を呼んで仕事の道が増えて行く
才能って人から教えられるもんなんだって。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009-06-13

バランス

バランスが取れている。それは褒め言葉じゃない。

バランスを取っているのは
世の中に日よっているだけだ。

バランスが取れない。
それは居場所を探している証拠。

本当はバランスが取れないときほど
真剣に生きているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-05

日常の偶然

昨日、東京駅の歩道橋の前で
古い知人とすれ違った。

すれ違ったというか
会うときはよく会う。
会わないときは5-6年くらい会わないという人なので
本人だと思うが本人だか、どうだか定かでない。

知り合って20年くらいになるけれど
偶然会ったのはこれで2回目。

前会ったときよりも
かなり丸顔になって表情はちょっとへんだった。

まぁでもふつうに見たら、
ちょっとココロの曲がりくねった感じにしか見えなかった。


曲がり始めると人のココロは曲がりすぎてしまうほど
曲がるよなーと思う。

もしかしたらメール返信してなかったせい?とか思ったが
まぁとりあえず元気で頑張ってくれてたらいーか。
と乗り込んだ電車の中で思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-06-04

私とは違う生き物

10代のときは20歳を年寄りと思い
20歳のときは24歳を年寄りと思い
24歳のときは28歳を年寄りと思い

28になれば30を
30になれば35を
35になれば40を
私とは違う生き物と思い込む。

40になれば、結局みんなたいして
変わらないとわかる。

行き急いで貪欲な女子たちを見るとそう思う。

貪欲になっても子供を作っても
必ず幸せになるわけじゃないのにね。
ましてや結婚したからって必ず子供が出来るわけでもないのにね。

子供が欲しいなら結婚前に不妊検査はお互いするべきだと思うけど。

機械や会社については手に入れる前に
いろいろ調べるくせに人生に対しては調べないという矛盾。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »