« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007-01-24

コンラッドヒルトン

コンラッドヒルトン曰く「Bigに考えBigに行動せよ」なのだとか
うーんyazawa?

成功した一生のもたらすものは、物質的なものではない。
それは満足であり、自分が何か役に立つという喜びであり、
自分に与えられた才能を生かして成長を遂げることである。
                           

誰でも成功しようと努力している。
しかし本当の成功とはいったいなんだろう。
これは貯めたお金の額では計れないはずだ。
生き方という点ではあまりに多くの金持ちは落伍者であり、
あまりに多くの貧しい人たちがむしろ成功者であるから、
金額は基準にならない。

であるそう。ちなみに下記も参考までに。

成功した一生を送る秘訣として次の10箇条
byコンラッドヒルトン

1)自分の才能を見つけだすこと

2)大きく考え、大きく行動し、大きく夢見ること

3)正直になること

4)情熱をもって生きること

5)自分の所有しているものに振り回されないこと

6)自分の抱えている問題について心配しないこと

7)過去にこだわらないこと

8)できる限り人を尊敬し、人を軽蔑しないこと

9)自分の生きている世界における、自分の責任を完全に
  果たすこと

10)常に信念を持って祈ること


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-01-23

ガンダム男子

B0002q2lj009
いつだったか、ドラえもん男子について語ったことがある。
助けて~といえば誰かが助けてくれると思っている
バブル世代以後の男子のこと。往々にしてツールに頼りがち。
権威主義でいばりたがりな傾向。
でもドラえもんとか道具がなくなると何にも出来ないという。
(最終回では戦いましたけどね・・TVでは通常最終回は放送されないここではスルー)

愛と勇気の少年ジャンプじゃないけど
子供の頃見ていたアニメって
人格に大きく影響されると思う。

そこでガンダム男子。
大人を信じるな、組織を頼るながテーマだそう。
ファーストガンダムはどらえもん世代とほぼ同じ時期ですが
ガンダム人気に拍車がかかったのは就職氷河期時代。
24961


まさに
大人を信じるな、組織を頼るなですな。

ちなみにワタシが子供の頃一番好きだったのは
侍ジャイアンツです・・・性格わかりますね(笑)

♪でっかいヤツはキライだぜ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-01-22

北朝鮮の心理学

電車の中でみつけた広告。

Ari

刺激的なキャッチではあるね。

大学進学には関係ないような気がするけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-01-17

歴史的建造物

古い建物好きとしては
どんどん壊されていく古い建物たちが忍びない。
日比谷の三信ビルだとかSannsin1
Sansin2

ただ壊してハコ作れば良いじゃんと考えるのが
土建国家ぶりを表しているしているとしかいえないのだが。

さておき、やや観光地な横浜では
歴史的建造物を別のものに利用しつつ建造物保存に力を入れている。

しかも関東財務局がZIMEという建物になるという
ネーミングセンスもいい。
どうせお役所仕事でもこうこなくっちゃと思うわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-01-09

手塚治虫は前衛だった。

手塚治虫と虫プロダクションが世に送り出した
世界初の大人のためのアニメーション。

「伝説の作品」として語り継がれてきた
懐かしくそして前衛的な手塚作品の精鋭。
30余年余りを経て「アニメラマ3部作」が、
映画館のスクリーンに還ってきます。
Beradonnnapinkimage1

「宇宙船艦ヤマト」の脚本を手がけた山本暎一を総監督とし、
「タッチ」「銀河鉄道の夜」「あらしのよるに」で活躍する
杉井ギサブローが全作品の作画監督を担当。
挿絵画家の深井国、写真家の森山大道、漫画家の林静一、
キャラクターデザインにやなせ・たかし。
音楽には電子音楽界の巨匠、富田勲や、
ルパンのテーマのチャーリー・コーセーが参加。

ファンならずとも見ておきたい映画は、
金曜までなんです!いかなきゃ!!
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

人生を左右する大切な14日間

必要な情報を与えないとその機能は使えなくなってしまう。
このことを臨界期とよぶそうだ。
http://channel.goo.ne.jp/pet/contents/cn_217.html
「動物はそれぞれ親から受け継いだ遺伝子を持っています。しかし、その遺伝情報は刺激がなければ正常に機能することはできません。例えば、先ほどの猫の場合、視覚に対する正常な遺伝子はあったものの、視覚に対する刺激が、ある「大切な時期」になかったため、視覚機能が失われたのです。

その「大切な時期」というのが「臨界期(感受性期)」と呼ばれる時期です。
臨界期は、脳の中で覚えたり感じたりする神経回路(ニューロン)が、外からの刺激により集中的に作られたり、回路の組み替えが盛んに行われる時期です。また、学習を成立させる最も感性豊かな限られた時期でもあります。「視覚の臨界期」「聴覚の臨界期」など、それぞれの動物種のそれぞれの機能には、一生に一度しかない絶対期間の「臨界期」が存在するのです。 」


人間の感情にも臨界期があるのだろう。
たぶん。
感情を動かす一部の部分を刺激しないまま大人になる。

解明されてはいないが
最近の子供は臨界期に何かが欠落しているに違いない。

心理学というよりは生物学の領域。
心理学なんて後付けの論理でしかない。
解明するなら役に立つことから解明してくれ>科学者

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2007-01-06

ライターは節税?

ツカダさんは一度飲んだことがあるんですが
オールアバウトでフリーランスの担当をしている方。

なにやら青色申告に関する本をだされたそうです!
しかもツカダさん情報によればライターには事業税がかからないそう!

477710538501

これには驚きですな。
しかしデザイナーにはかかるらしい。
このへんの条件がかなりあいまいです。

さておき青色申告ソフト+わかりやすい解説本はかなりいい!

これからの時期、フリーには必須ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007-01-02

あけましておめでとうございます!

みなさま
あけましておめでとうございます!
今年もカシハラにお付き合いくださいませ。
よろしくお願いいたします
Hinode

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »