2016-01-10

謹賀新年

Photo


あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。

今年は本道で飛躍の年にいたします!
みなさま今年も変わらずご愛顧をよろしくお願いいたします。

@今年は、有名どころの太宰や乱歩などの版権がフリーになる年でもあります。
画像は同じく版権ぶり―になった杉浦非水画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-07-18

雑誌ゲイナーに載ってます!

Gainer_20150710


いま発売中の雑誌ゲイナーに「ここが不滅のビアガーデン」6ページ大特集でビアガーデン論とコメントをのたまってます!読んでねー!!
ゲイナーさんには2年お待ちいただいたので大変ありがたかったです。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-04-06

居酒屋記事を監修しました。

チェーン居酒屋評論家として
記事を監修しています。
増刊号だからまだ売ってる書店もありそうですが。

おとなの流儀 vol.10 (一個人 4月号増刊)
http://goo.gl/N0UUMQ

見かけた際はよろしくお願いいたします。816ajlvmzol_ac_sx75_cr007575_


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-02-01

クリエイターエキスポのこと。

ごぶさたしております。

ずいぶん前ですが第一回クリエイターエキスポに出店しました。
結果どうだったの?と出展希望の同業者などにたま~に聞かれるのでご報告を。

当日は結果として、知り合いがたくさんきたり名刺交換したりと忙しく、わりと楽しかった!という記憶はあります。
知り合いの編集さんがたくさん通り過ぎ、ご挨拶した感じでした。

今年はしばらくぶりに出そうかなと思って調べてみると、けっこうみなさんさんざんな感じらしく。出店料が回収できない人が多い様子。手ごたえがあったと反応している3回出した人のブログを拝見しましたがちょっ・・・・。

いやいや気を持ち直して。
どうみてもプロではないようなので、何をもって手ごたえがあったとするかによると。

個人的にはプロと素人が一緒に並ぶというのには主催者のメリットしかなく(数稼ぎ)、プロの方には不評ですが、かえってシロウトと並べてもらったほうが際立つという考え方もあります。ちなみに私の左右隣のおふたかたは、完全なプロの方で、メリットなかった。と当日終わりごろお話されていました。

有名な人はそれなりに仕事が来るようなので完全否定はいたしません。内藤みかさんは全回参加されているのでかなりのプラスなのではないでしょうか。

仕事を増やしたいというプロの方であれば、1回は出てみてもいいというのが私の個人的な感触です。
第一回ではポスターやチラシ、販促ツールもプロに制作してもらったので、出展料よりもそちらにお金がかかっています。しかしそうしていたのは私ともうひとりのライターさんくらいで、その方はその後どうされているのかは知りませんが、軽く3倍くらいは販促物にかけていました。無名ならそれくらいやらないとダメだと思ったりも。
ある程度の業界人なら印刷屋やデザイナーは知っているのでお友達価格でできるかも。

結果として3年間で、総費用の約10倍になりましたので私的にはプラスだったと。
もし次回出るのであれば、第一回とは違って、「とりあえずやる!」的な軽い気持ちででるよりはもう少し戦略を考えたほうがいいかなとも思ってます。

まぁでも出版不況は3年前より加速しているので、出ても元をとりもどせるかどうかは明言できません。

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2014-08-24

麻布十番祭り攻略法

毎年、イヤってほど人が出る麻布十番祭り。
人が多すぎて遭難し、道端に座り込んで食す人々が多くいます。
そこで麻布十番祭りの攻略法を(ここ5年ほどしか通っていないくせに)解説したいと思います。

1、行く時間を決める。
祭りの開催は15:00ですが、通りは14時ごろには祭りになれた人でいっぱいになります。
地元だと人気店「あべちゃん」の焼き鳥を夕飯のおかずに買う人々が14:30にはすでに行列。

Img_0924_r

混雑を避けるなら、遅くとも15:00には現地についていましょう。
出店が食品を販売しだすのは意外に遅く15:00ちょっと過ぎるころか15:30前。しかし15:00過ぎると駅から商店街に入場規制もされますので、とにかく早めに行ったほうがベター。
早めについたら全体をさくっと歩いて目ぼしいものを決めておきます。

Img_0959_r


2、コースを決める。
一番混んでいるのは、地図でいう「麻布十番大通り」。
その次が狭い「パティオ通り」です。大通りと交差している「雑色通り」も時間帯によっては混みこみです。
Img_0940_r
*この画像の時間は14:50くらいです

食べ物を買ったらどこに抜けるか、を決めておかないと人ごみに埋もれます。
「麻布十番大通り」は、南北線の4番出口からよりも、1番出口もしくは麻布十番稲荷の大江戸線7番出口からのほうが近いです。
麻布十番の駅は、入場規制ですぐに帰れない場合もあるので、隣の六本木もしくは赤羽橋に抜けるコースをみておいたほうがいいでしょう。
個人的には麻布十番祭りを抜けて、六本木ヒルズ盆踊りに行くのがおすすめ。

Roppongihillsbonodori01

3、目的を決める。
だいたい出店をぶらりと見て、食べたいものを買うという感じでいくと
30分待ちとか下手すると1時間待ちもざら。
なので、買いたい店を先にして、残りは適当にながしましょう。
Bvo9dibcaaed46j


4、おすすめのゾーンを狙って向かう。
麻布十番祭りは、各国大使館系出店と麻布十番の飲食店の出店、あとは別の場所の飲食店の特別出店、ご当地グルメの出店があります。「麻布十番大通り」よりも交差する「雑色通り」のほうが有名飲食店が多いのでこっちが好きですね。

5、避難所を決めておく。
ものすごい混んでいるので、疲れたら六本木ヒルズに行く。もしくはどこかの居酒屋に入るとか決めておく。
当日は、商店街中の店は同じく混んでいるので、決めていかないと遭難します。

ちなみに個人的なおすすめは、麻布十番大通りと雑色通りの交差するところの雑色通り沿いに出ているバリ博多のもつ鍋500円と焼酎さとう300円。

Bvs_fkvcaaab90z


あと、ちょっとずれたところにある店はすいているので、クラフトハンズという店の持ち帰り地ビール500円がお得です。クラフトハンズは、麻布稲荷神社の並びの1本目の路地にあります。

東北ゾーンにあるウニの貝殻焼き焼きが豪華だとか、
レ・シューだかWAKANUIだかのラムチョップと、有名中華店のメニューもうまいと聞いたので、気になりすぎます。
まだ日曜の一日あるので、行く人は頑張ってゲットしてください!!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-07-27

明日テレビに出ます。

明日のテレビ朝日の朝の番組に出ます!
ビアガーデン特集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-07-15

ヤバい!夏だ!

すっかり夏になってしまいました。

ブログも放置気味ですが相変わらず元気です。

報告しそこないましたが、
6月初ぐらいに女性セブンでW杯におすすめのお酒をコメントしたり、6月末ぐらいにおすすめビアガーデンについて、生島ヒロシのTBSラジオの番組でコメントしたりしてました。

今年のビアガーデン人気は本格的・・・というか、もうすっかり定着してしまっていまして。

後追いでいろんな媒体がビアガーデンブームについて語ってますけどほぼ後付の理由ばかりです。
まぁどう考えてもビアガーデンを追いかけているのは私だけなので真実はみんな知らないよなぁと思いますけど(笑)。

そのへんは来月発売の雑誌にちょっこっと載るかもしれません。
またお知らせしますね。

去年はほぼ1年、怪我で休んでいたせいか、体がついていかず年末~春にかけてはリハビリしてました。

まぁここに来て、星占い的にはグランドクロス的な出来事もいろいろあって、あー!もう世界に幸あれ!!っていう気分になってます。

あとペットを飼い始めました。
ハリネズミって、予想以上にかわいいですよ。

ペットを飼い始めたら、独身女はいろいろ問題があるとはいわれますが、
人のいうことなんて知ったこっちゃないです。

というわけで近況でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-05-02

5月5日(月祝)文学フリマに出ます!

今年は文学フリマにリターン!
5月5日の(月祝)の第18回文学フリマに出店します。
http://bunfree.net/

第二展示場の二階(F)エ-05ブース
ビアガーデンクラブ&つまみ です。

ビアガーデン本(既刊)
https://c.bunfree.net/p/bunfree18/1440

池上彰先生も絶賛?!の海外誌で連載中の
時事ネタコラム総集編本(新刊)
https://c.bunfree.net/p/bunfree18/1442
を販売予定です。

2bd24e13797c47612a8f6578439f962ad07


会場は、東京流通センター 第二展示場
開催時間: 11:00~17:00
アクセス:東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
※詳細は会場アクセスをご覧下さい

文系文字オタクの祭典なので微妙に地味ですが、
昨今は出版事情の変化で、プロの作家さんも多く出店しています。
いつもは北尾トロさんとか、某有名人とかも来ているので
有名人チェックしたい方もぜひどうぞ。

飽きたら隣で古道具店をやっているそうなので
そっちで楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014-01-31

芥川賞と直木賞(仮説)

多読ではないのでほんのここ数年の実感で恐縮です。
詳しい人は違うよ!心の中で突っ込んでください。

「直木賞と芥川賞ってどう違うの?」
って初めて聞いたのは20くらいのころ。
宣伝会議の同級生小澤さんに聞いてみた。
仏文出身の小澤さんは小説家希望で森茉莉のファンだという。
正直そのころもあまり本を読んでいなかったので
森茉莉も読んでませんでした。
「それは純文学と娯楽小説の差だよ!」と言われたのですが
それこそ、純文学って何?っていう感じだったのでそのまま放置。

最近ちゃんと本を読むようになって
さらに別の人にも聞いてみた。
「芥川賞は純文学で、直木賞は娯楽小説とか通俗小説とかエンタメ系」と
やはり同じ答えが返ってきた。
が、しかし、
ある編集者さんによると
最近は、純文学とそうでないものの差があいまいだという。
純文学という範囲がそうでないものと分かれてない。
ひとくちに娯楽小説といっても、時代小説からラノベまで含まれるのだから
その範囲は広い。

根本的に純文学って何?っていう疑問もある。
「純文学雑誌に掲載されたものが純文学で、
娯楽小説雑誌に掲載されたものが娯楽小説」だというのでますますわからない。
しかし純文学と思われる山田詠美でさえ、直木賞受賞なのだから
その定義はあいまいであるとしかいいようがない。

ある小説家がいうには、
「どちらかかという定義範囲はどうでもいい。読者が面白いと思うものを書くこと。
昔は純文学を書いていたが今は娯楽小説を書いている」と。
確かにその人の小説を何冊か読み進めてみると
初期はとても変わったものを書いているが
一番売れたというものは恋愛小説なのだ。

ふと思ったのは、
直木賞の範疇になるのは、「男小説」「女小説」であるということだ。
例外としてすでに著者本人が有名人である場合やすでに売れっ子である場合は、直木賞に入るようだ。(通俗だから?)
また歴史小説、SF小説など特定のジャンルがはっきりしているものは
直木賞に入る。

そう思い出したのは、
前に直木賞を取った白石一文の「私という運命」という本を読んだときからだ。非常に描かれ方が通俗的で(やくざが出てくる下りなど)
え?そんなんでいいの??とびっくりした。なんかくさすぎてあきれた。
他の物を読んでいないのでなんともいえないが、女の私が読むには
ちょっとへんなところがいっぱいあったのだ。
しかし男性がこれを読むとそうでもないらしい。

そう考えてみると、山田詠美は完全なる女小説である。
女はそれに心のどこかで同意するが、男はそれを読んで
女の隠された部分を覗いたような気になるだけ。

村上春樹とかは典型的な男小説だろう。
女にほとんど人格がなく、悩む主人公の前に都合よく出てきてセックスをさせてくれる。(これだけ書くと島耕作みたいにも見える)
雰囲気自体は、ソフトな描写で女性向き風に書かれているが
非常に中身はマッチョな男のご都合主義である。
(マッチョ好きな女性は、ご都合主義でも気にならないのかもしれない。
村上春樹のことは好きでも嫌いでもないので、ハルキストの方々はスルーしてください。)

そうなのだ。自分の好きな作家だけ読んでいると
「男小説」「女小説」という区分けがあることに気づかないのだ。

そう考えると渡辺純一先生は、男小説の代表格ともいえる。
男のファンタジーを描くことで男性読者を獲得しているに
他ならない。
同じく女性も女文学を読んで、自分のファンタジーを広げる。
前出の恋愛小説も面白かったが、
ちょっと物足りない気がした。直後はそれが何かはわからなかったが、
それは男のファンタジーだったからで、女にとってファンタジーの部分が
少なかったということなのだ。(著者は男性)

私が最近好んで読む柚木麻子、瀬尾麻衣子、西加奈子、などは
完全に女文学。男性が読んでもそれほど面白いとは思わないはず。
(よしもとばななもそうかも。)

ただし直木賞を受賞できるのは「男小説」「女小説」であっても
相対する性をある程度楽しませることができるものが選ばれる。

反対に、芥川賞は、女文学でも男文学でもない文学を指す。
どこにも読者の「女」である部分とか、「男」である部分を刺激しない。
それが純文学。

長年の疑問に、
なんとなくこの区分けが正解のような気がしている。

| | トラックバック (0)

2014-01-18

1月も半ばですね。

遅いご挨拶ですみません。
あけましておめでとうございます。

今年は素晴らしい年になるような予感がいたします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«伊勢丹の変化